ドラム式洗濯機を買い替え【乾燥の早さに感動】*パナソニック

スポンサーリンク

こんにちは。ゆなです。

 

引っ越し前から不調だった、我が家の洗濯機。

乾燥の時に変な音がしていたんです。

それでも乾燥自体はちゃんとできているので、使い続けていました。

安くなった頃に買い替えよう、と急いでいなかったのですが、引っ越し後に更に水漏れが発生してしまいました。

 

ホースにタオルを巻きつけて、しのぎましたよ。

洗濯機をまわすたびに、タオルを絞らないといけないくらいで。

新居に早々に訪れたピンチ。

劣化していたホースが、引っ越し作業で悲鳴をあげたようです。

 

新居が水浸しになる前に、新しい洗濯機を購入しました。

(ホースだけ取り替える、という手もありましたが、

洗濯機自体を長く使っているのでそろそろ寿命か、ということで)

納入まで時間がかかったので、ヒヤヒヤでした・・・

 

 

 

 

購入したのは、Panasonicのドラム式洗濯乾燥機

 

 

購入したのはパナソニック NA-VX800A

 

 

Panasonic ドラム式洗濯乾燥機

 

 使っていた前のドラム式より、洗濯・乾燥容量がアップしました。

(夫が一人暮らしをしていた時の洗濯機なので、3人家族になると、容量が足りなかったんですよね。)

 

3人家族なら、この容量で十分みたいです。

(洗濯容量 11kg。乾燥容量 6kg。)

 

 我が家はドラム式一択でした

 

乾燥機の便利さに慣れてしまうと、ドラム式一択になりました。

我が家は普段は外に干して、雨の日や大物を洗う時に乾燥機を使用しています。

 

子供が生まれたばかりの頃は、ドラム式洗濯乾燥機をフル活用でした。

よく吐き戻しをしていたので、常に洗濯機がまわっている状態・・・

生後3ヵ月で寝返りを始めたので、大変でした。

(首が座るより、寝返りが早い子でした)

 

ドラム式だと子供が遊んで入ってしまわないか心配ですが、

こちらはチャイルドロック機能がついているので、安心です。

 

Panasonicは乾燥機能がいいらしい

 

新しい洗濯機を選ぶ時に、重視したのが乾燥機能。

前のドラム式は乾ききっていなくて、乾燥を2度かけることが、たびたびあったんです。

 

そして、どうやらPanasonicのヒートポンプ乾燥がいいらしい、という情報をキャッチ。

ヒートポンプ乾燥は除湿器で乾かすような感じで、生地の傷みや縮みを抑えてくれます。

さらに熱風のヒート乾燥と比べて、電気・水道代が抑えられ、時間が短縮する、と。

 

これに決定です。

 

ただ、同じPanasonicのこちらとも迷ったんですよね。

PANASONIC NA-VG1400L-S シルバーステンレス Cuble [ななめ型ドラム式洗濯乾燥機 (洗濯10.0kg/乾燥5.0kg) ]

 

↑ このCubleシリーズ

グッドデザイン賞受賞の、おしゃれ洗濯機です。

見た目はCubleが好みですが、残念ながらヒートポンプ乾燥ではないんです・・・

 

 毎日使うものなので、見た目より機能を重視。

購入した方も、かっこいいデザインですし。

 

ちなみに洗いは日立もいいみたいですよ。

(風アイロン、気になりました)

 

 

 

 

使ってみて、便利だと感じたところは

 

新しいドラム式、容量は増えましたが、前のと大きさはそれほど変わりませんでした。

 

実際に使ってみて、いい!便利!と感じたのは

 

まずはダントツで時間短縮。

乾燥の時間が短くても、しっかり乾いている。(感動です)

 

洗い、すすぎ、脱水、乾燥それぞれ時間や回数を細かく設定できる

(自分好みにできる)

 

洗剤、柔軟剤の自動投入ができる

(もちろん手動も可。自動でも洗剤量を多め、少なめに設定ができる。)

 

温水でつけおきができる。

(汚れがひどいものに便利。手洗いだと水温を一定にできないですし。)

 

乾燥の省エネモードがある。

(通常より時間は長くなりますが、コストは抑えられるので節約になる。)

 

 

デメリットは

 

このように便利機能満載ですが、唯一デメリットに感じたのは、機能が充実しているので、慣れるまで説明書が必須なこと、です。

 

感覚でできないこともないですが、せっかくなので使いこなしたいので、説明書を熟読しています。

 

 

パナソニック NA-VX800AL-W(クリスタルホワイト) ななめドラム洗濯乾燥機 洗濯11kg/乾燥6kg