妊娠中・産後に活躍した保湿コスメ【妊娠線の予防に】

スポンサーリンク

こんにちは。ゆなです。

 

妊娠中は「たまごクラブ」「ひよこクラブ」を読んでいました。

 

そこでよく掲載されていたのが、「ナチュラルサイエンス」というコスメ。

妊娠線予防クリームやバストケアコスメが紹介されていました。

 

先輩ママさんに

 

「妊娠中の保湿は必須。ひび割れたら治らないよ~」

 

と言われていたので、手持ちのボディケアコスメで対応していましたが、

妊婦さんを考えて作られたコスメが気になって、色々試してみた結果、

ナチュラルサイエンスが私には合うようでした。

 

 

今回は、妊娠中から産後に愛用していた「ナチュラルサイエンス」のコスメを

3点ご紹介です。

 

 

f:id:yunam0m:20200928141248j:plain

 

 

 

 

 

妊娠期間に愛用していた保湿クリーム

 

ナチュラルマーククリーム

 

妊娠がわかってすぐは、手持ちのオイルで保湿をしていました。

 

ヴェレダのボディオイルです。

 

高品質なオーガニック原材料で、香りがいいので大好きです。

 

でも、妊娠中に発生した問題・・・においづわり。

 

【つわり体験談】吐きつわり、においつわり対策や症状まとめ

 

この大好きなボディオイルの香りも、妊娠初期は辛くなってしまったのです。

 

においがしなくて、保湿力があるボディケアコスメを求めて、何点かサンプルを試してみたところ、

 

ナチュラルサイエンスの「ナチュラルマーククリーム」が

 

  • 無香料でつわり時期でも大丈夫
  • のびがよくてベタベタしない
  • 保湿力があり、しっとりする

 

と、求めていた条件にピッタリでした。

 

このクリームを、お風呂上りに塗り込んでいました。

 

どんなに眠かったり、つわりで辛かったりしても、

お腹だけは絶対に保湿。

 

この積み重ねのお陰か、産後、お腹がひび割れずに済みました。

 

妊娠後期には、急にお腹が大きくなります。

 

妊娠初期のうちから、しっかり保湿をして

やわらかい肌を保っておくことがおススメです。

 

 

妊娠中にバストケアも始めました

 

ビーアップホワイト

 

妊娠中から気になっていたのが、

出産してからの「授乳」問題。

 

初めての妊娠・出産なので、そもそも母乳が出るのかどうか・・・

出たとしても、うまく授乳できるだろうか・・・

と何かと気になっていました。

 

産後フルに働くであろう(希望を含めて)バスト。

妊娠中からケアを初めてみました。

 

ナチュラルサイエンスは、購入時に気になる商品のサンプルもいただけるので、

まずはサンプルでお試し。

馴染みがよく、べたつかない使用感がよかったので、現品購入しました。

 

ビーアップホワイトを使ってからは、バストの肌荒れが落ち着きました。

 

今までボディケアの延長で、そのまま同じクリームやオイルで保湿していましたが、やはりバスト専用品は違うのか・・・

 

何となく始めたバストケアでしたが、妊婦検診が進むにつれて、やっておいてよかった、と思いました。

 

妊娠後期の妊婦検診では、助産師さんによる授乳に向けてのバストチェックがありました。

出産後は授乳指導・マッサージ・・・

 

少しでもバストをいい状態にしておいて、よかったです。

産後は想像以上に重労働です。

 

 

f:id:yunam0m:20200928141439j:plain

 

 

授乳中のヒリヒリを解消。乳頭ケアコスメ

 

ニプルベール

 

私の場合、産後2日経ってから、母乳が出るようになりました。

気が付いたら胸が張っていて、つまむと母乳が。

 

それから、3時間おきの授乳が始まりました。

 

最初は私も子も不慣れで時間がかかりましたが、

慣れてきてからは、右10分、左10分の授乳時間に安定。

 

3時間おきの20分授乳はなかなかのハードワークで、すぐに乳頭がヒリヒリするようになりました。

 

保湿したいが子がくわえるしなぁ・・・と悩みましたが、ナチュラルサイエンスのニプルベールは口に入っても大丈夫な処方なので、安心して使えました。

 

ニプルベールは粘度があるので、しっかりとどまってくれます。

 

これで保湿を初めてから、授乳ストレスがだいぶ減りました。

皮むけなどすると、授乳が苦痛になるので、荒れそうな時には保湿が必須でした。